車中泊ペットと一緒に気楽な旅ー伊豆、松崎編(2日目)

【伊豆、松崎4ワンコ+小ワンコと飼い主4人で車中泊の旅】

◆昨日、河津桜まつりを堪能しここ松崎の車中泊は、強風でハイエースが揺れている中、風がおさまるのを祈りつつ就寝しました。
朝起きたらあの強風はどこへ、祈りが届いたのか風もなく清々しい朝を迎えました。
本日は、松崎にて午前中釣りをして、その後、公園にてワンコ達を遊ばせ、岬に登り西伊豆からの富士を眺め、テレビで放映されたこともある、仁科の「沖あがり食堂」の「イカサマ丼」で遅い昼食後、三島より帰途に着く予定です。

三島経由で帰るなら、三島に「シュナモン家」のお友達「ニッパネラ家」が経営する「afterBeat」という担々麺の美味しいお店があるのでご挨拶を兼ねて夕食後帰宅ということになりました。

◆2日目の朝を迎えました。

昨日のあの強風とは一変するほど無風の穏やかな朝を迎えました。

本日の釣りができようにと、男子二人の念が通じたようです。

◆安城岬(AJYOU MISAKI)にて

車中泊場所「道の駅:花の三聖苑」より、約10分くらいで「安城岬」の公園駐車場に到着です。

この公園は、入園料や駐車場は無料であり、トイレも綺麗で園内には足湯もあり、どこも綺麗に清掃されています。

安城岬入口です。.

安城岬入口です。

空いている駐車場で朝食をとりました。

!!!!!【トンビに注意】!!!!!
 
嫁が、上の右側の画像の丸い調理パンを手に持って歩いていたとき、トンビに取られました。
上から、急降下で降りて舞い上がったところを自分は目撃したのですが、その獲物はまさか嫁が持っていたパンだったとは...
その時の、嫁は羽音も聞こえず左手のひらに持っていたパンにトンビの足が見えた瞬間に持ち去られた。音すら無いあっと言う間の出来事だったので、恐怖心もわかなかったと言っていました。恐怖心も怪我もなかったせいか、この始めての体験にワクワクしたようでした。
※今回だけにしときましょうね。
 
◆安城岬(AJYOU MISAKI)駐車場裏の堤防にて

風もなく穏やかな、駐車場裏の船着き場で今年、ソラの初泳ぎです。

ヒンメルもまだ馴染みのない海に興味を示しているようです。

シュナモンパパと自分は、女子達より午前中自由時間を頂き(感謝の意)、釣り三昧の時間を過ごさせてもらいました(感謝)。

船着き場の横の堤防で、竿を出します。

昨日の強風と水温が低いのが原因なのか(釣り人得意の言い訳)、アタリすらなく納竿。
次回を期待しましょう...

◆安城岬(AJYOU MISAKI)園内の公園広場にて

釣れない釣りを堪能した後は、ワンコ達のお遊びタイム

公園に向かいます。そこには広大な広場が...思わず、声を揃えて「いいね~!」と

案内板でトイレの位置(案内板の裏)など確認し、広場へ

まずは、四人で足湯に浸かりました。

横には、水琴窟(窯)があり柄杓で水を流すと、澄んだ綺麗な水滴の音が聞こえてきます。

珍しいものが置いていました。

足湯の温度も適温で気持ちよかったです。

◆安城岬(AJYOU MISAKI)の整備された広場にて「ハリの海」争奪四回戦

足湯の直ぐ横にある、平に整備された広場で、伊東の「MEGAドンキ」で購入したつなひきアニマルペット「ハリの海」がここでの主役になります。

「ハリの海」争奪 第一回戦。

(ソラ)  VS (ナハト&モントペア) です。

勝者、ナハト&モントペア~!

「ハリの海」争奪 第二回戦。

(ソラ)  VS (ナハト&モント、シュテルン、ヒンメル組) です。

ソラ、リベンジなるか?

やはり、今回も勝者は、ナハト&モント、シュテルン、ヒンメル 組でした。

「ハリの海」争奪 第三回戦。

(ソラ)  VS (ヒンメル) です。

ソラ、パピーには勝てるでしょう。エ~!ウソ。

ヒンメルの勝利。

「ハリの海」争奪 第四回戦。

(ヒンメル)  VS (ナハト&モントペア) です。

ヒンメルと同じ大きさの「ハリの海」に、ヒンメルの作戦は?

頭脳プレー(パパさん助っ人)で、ヒンメルの勝利。

「アタチの云うこと聞きなさい」。

(ヒンメル)  VS (シュテルン) です。

お姉ちゃんのシュテルンをコントロールしようとしているヒンメルです。

ヒンメルの思い通りにさせると、後々大変になるよ

ビシ!っと教育しなさいシュテルン...

と、思っていても、優しいシュテルンにヒンメルの勝利。

◆安城岬(AJYOU MISAKI)の岬散策。

公園端の海側に階段があり、登ると直ぐに、入り江みたいな砂浜があります。

夏などには、海水浴で賑わうことがよく分かります。

右手が岬になっており、歩きやすいが急斜面がところどころにあります。ここにも、河津桜でしょうか昨日と同じ桜が咲いて、目白も元気にさえずっていました。

斜面を登り暫くすると広大な景色に出会います。

右手には日本でも大変珍しい現象である「トロンボ」が現れ、干潮時には一番手前の伝兵衛島まで瀬が現れ足をぬらさずに歩いてわたることができまる三四郎島が現れ、左には松崎方面が綺麗に見渡せます。

少し、登りはキツイですが歩きやすい道で景色もいいので苦にはならないでしょう。

パピーのヒンメルも頑張りました。

先端までは行きませんでしたが、ある程度のところで引き返し駐車場へ戻りました。

◆昼食はテレビでも紹介された「沖あがり食堂」に行きました。

釣り、足湯、公園、岬散策と満喫したところで、お腹が空いてきました。

今日が、車中泊最終日なので安城岬の駐車場で車内を整理後、昼食はこの駐車場から5分のところにある「沖あがり食堂」の「いか様丼」の提案がシュナモンパパよりあり、全員賛成とそこに向かいました。

「沖あがり食堂」に到着しましたが、既に13組待ちの状態でした。

1時間後に名前を呼ばれ、やっと「いか様丼」にあり付けました。

いか様丼とは、生簀より取ってきた取り立てのスルメイカと漬けの二種類のイカに卵の黄身とネギ、ショウガを乗せ、醤油を少し垂らし、いただきます。新鮮なイカの甘味とねっととした触感で絶妙な美味しさです。

因みに、主なメニューは
いか様丼(720円)夕陽丼(720円)イカス丼(620円)ヤリイカ丼(1,300円)竜田揚げ丼(800円)かき揚げ丼(800円)サザエ丼(800円)イカカレー丼(900円)サザエカレー丼(900円)がありました。

◆三島の「ニッパネラ家」が経営する「afterBeat」へ向かい。その後、帰宅しました。

18:00に「afterBeat」に伺うことになっており、まだ、少し時間があるので三島の「伊豆・村の駅」へ寄り、ほぼ閉店時間間際の店内を見て回りましたが、初めて立ち寄ったこともあり、楽しいものが沢山ありました。

シュナモンパパより頂いた「伊豆・村の駅」の中にある「TAMAGOYA」の「うふTAMA」は、もちもち触感の中にカスタードクリームが入っていてとても美味しかったです。

afterBeat」は、本格四川家庭料理とトッププロのライブが間近で観賞できるお店でペット同伴も可能というとても有難いお店です。

というもの、ご夫妻にもニッパとアネラというジャックラッセルテリアと暮らしており、ペット飼いの気持ちをとても理解してくれています。

この日も、シュナモン家の3ワンと新家族のパピーが来るというのでニッパとアネラも連れてきてくれてご挨拶してくれました。

料理の方は、自分は担々麺、嫁はガパオライスをオーダーしました。

どちらも、とても美味しかったです。

因みに、担々麺は辛さにランクがあり自分は辛いのは苦手なので一般店の辛さ(ここの標準は
もっと辛いとか)を頼みました。

辛いのが好みな人には、たまらないお店だそうです。

◆美味しい四川料理をいただき、満腹となったところで、MAPの渋滞情報も緩和されているのでハイエース二台、東名高速から横浜方面へ向かいました。

途中、渋滞もなく順調に帰宅できました。

この二泊三日伊豆車中泊の旅、河津桜まつりや久しぶりの釣りワンコと公園でのひと時とても楽しめました。

やはり何といっても、シュナモン家の新華族ヒンメルが主役で可愛さゆえ、全てに独占されました。

⇨車中泊ペットと一緒に気楽な旅ー伊豆、河津編(1日目)はこちら

◆昨年にも伊豆で車中泊をしました、そのときのブログです。

⇨二泊二日伊豆車中泊の旅ー1日目はこちら
⇨二泊二日伊豆車中泊の旅ー2日目はこちら

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
ブログランキング参加中です。
宜しければ‟ポチ”とお願いします。
スポンサーリンク
記事下

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
記事下

コメント

  1. のりぴー より:

    FIONA家は三辛でヒーヒー言ってた(笑)

  2. sorahibi より:

    三辛は立派な辛党ですね。