日常一覧

ちょっとした、日常を紹介しております。

伊豆で海水浴&デイキャンプ&蛍鑑賞、ペットとお出かけ日帰り旅行

海開きの前のペットが泳げる伊豆の「稲取池尻海岸ウキウキビーチ」に行きました。4年前に地元の役場にペットが利用しても構いませんかと4年前に問合せ、自己責任でOKと返事をいただき、それから年に1~2回来ているところです。この時は必ず朝食は「稲取の朝市」でと決めています。この後は、蛍が飛び交い始めた「伊豆自然村キャンプフィールド」へ、デイキャンプと蛍鑑賞に行きました。しかし、デイキャンプでは、今迄遭遇したことがない大変な出来事が自分とペットの身に...

房総半島(千葉)縦断、ペットとお出かけ日帰り旅行

東京湾アクアラインを通り房総半島を縦断し金谷港より「東京湾フェリー」で久里浜港へ、横浜横須賀道路を通り帰宅。日帰り一周のコースをペットと楽しんできました。 2ワン4人で、行程は、東京湾アクアラインから「久留里水汲み広場」「光永ファーム」「漁師料理たてやま」「わくわく広場」「木村ピーナッツ」「道の駅ちくら潮風大国」を廻り「白浜フラワーパークキャンプ場」を見学後、「東京湾フェリー」で久里浜港へ、ここから横浜横須賀道路を通り、自宅へ帰宅しました。日帰りの房総半島縦断、一日で盛り沢山の旅をしてきました。

白州、川遊びペットと日帰りお出かけスポット

山梨県北杜市にある白州町は、何と言っても水が綺麗で美味しいです。サントリー白州工場で南アルプスの天然水が作られているくらいです。道の駅はくしゅうで水汲みができます。近隣の自然には、尾白渓谷や尾白の森名水公園(べるが)、グルメは「白州手打ち蕎麦 くぼ田」や信玄餅の「台ケ原金精軒本店」などがあり、日帰り温泉の「尾白の湯」の他にも多くの温泉を有し、ペットの水遊びする場所も多く一度くると、この町の良さが分かり多くのリピータが訪れる場所です。

本栖湖でキャンプとカヤック、ペットと満喫ーその3

本栖湖、二泊三日のキャンプ&カヤック(最終日)今日は、テントを撤収し、片付け、車への詰め込みと10:00のチェックアウトまで忙しくなりますが、早起きして嫁とソラと湖岸に行きました。期待を裏切らず素晴らしいい景色が見れました。 あっという間の二泊三日でした。本栖湖は、カヤックを行うにはもってこいの湖で、本栖湖いこいの森キャンプ場は本栖湖でキャンプするのは本当によいキャンプ場と思いました。

本栖湖でキャンプとカヤック、ペットと満喫ーその2

ペットと一緒の本栖湖、いこいの森キャンプ場&カヤック二日目は、設営、撤収もなく一番落ち着ける日です。 午前中の湖はとても穏やかなので、ウィンドサーフィンの姿もあまりなく、カヤック日和です。昨日の強風の中を考えるとどうしても早く出艇したくなり、朝食を急いで済ませ、身支度を済ませ静かな湖に漕ぎ出しました。

本栖湖でキャンプとカヤック、ペットと満喫ーその1

本栖湖の「本栖湖いこいの森キャンプ場」でキャンプし、目前の富士五湖で一番の透明度を誇る本栖湖でカヤックをしてきました。昨年、同場所でデイキャンプ&カヤックを行ったのですが、午後からの出廷のとき、地元警察より待ったがかかり不完全燃焼でした、今年はこのリベンジに行きました。

車中泊ペットと一緒に気楽な旅ー伊豆、松崎編(2日目)

ペットと旅行は楽しいですね。しかし宿泊に苦労したり犬がいると制約も多く楽しみも減少してしまいます。そこで誰にも気兼ねなく時間、場所を自由に選択できる車中泊は最高です。二日目は、車中泊仕様にDIYしたハイエースで西伊豆へ松崎に行き久しぶりの釣りやワンコ達の楽しい姿に癒されました。カワイイ画像満載です。

マイナス3度、厳寒の中の朝散歩

横浜で大雪が降った2日後に同じ臨港パークへ朝散歩に行きました。1月25日は、東京は-4.0度と1970年以来48年振りの-度台、横浜の-2.4度2006年以来12年振りの-2度台など、記録的な寒さを記録した翌日のペットを連れて朝散歩の様子です。

清里、北軽井沢、草津、ペットと一緒にスノーシュー:3日目

3日目は、チェックアウトの日です。朝食後片付けスウィートグラス受付でチュックアウトを済ませ、近くのリンゴ販売所で美味しいリンゴをお土産に購入し帰路に、上信越、関越道と順調に横浜には4時頃着きました。その後、日本列島には大寒波が到来し大雪となりました。これからが本格的なスノーシューシーズン到来です。

スポンサーリンク
記事下