東伊豆に来たら稲取の朝市「港の朝市」で朝食を!

◆今や東伊豆の看板イベントとして人気も高くテレビ放映もされるほどに好評を得てる稲取の「港の朝市」では、炊き立ての「釜めし」、焼きたての「アジの干物」、無料で美味しい、おかわり自由な「金目鯛のあら汁」このメニューで朝食を頂く人達が開催の都度訪れています。朝食後は、会場を見学し、水揚げされたばかりの新鮮な魚介類、地元、朝どれの新鮮野菜、その他にも、加工品や自家製パンなどで盛りだくさんに会場を賑わせています。運がよければ、訳あり品など考えられない価格で購入することもできます。

伊豆で海水浴&デイキャンプ&蛍鑑賞、ペットとお出かけ日帰り旅行

海開きの前のペットが泳げる伊豆の「稲取池尻海岸ウキウキビーチ」に行きました。4年前に地元の役場にペットが利用しても構いませんかと4年前に問合せ、自己責任でOKと返事をいただき、それから年に1~2回来ているところです。この時は必ず朝食は「稲取の朝市」でと決めています。この後は、蛍が飛び交い始めた「伊豆自然村キャンプフィールド」へ、デイキャンプと蛍鑑賞に行きました。しかし、デイキャンプでは、今迄遭遇したことがない大変な出来事が自分とペットの身に...

千葉県館山へ活貝焼きバイキングに行きました。

「漁師料理たてやま」は、館山にある漁港から直送した魚介類を提供しており、メニューも豊富、貝焼きバイキング90分食べ放題。食事メニューも、丼もの、定食、活魚、活貝、寿司、海鮮丼、焼き物など、種類が豊富でどれも新鮮な魚介が食べられます。自家製干物、房総名物が盛りだくさんの「おみやげ市場」も隣接し、足湯・ドッグランの設備などもあり、家族連れ、ペット連れにも嬉しい超大型店です。

千葉県の産み立て卵、直売店「光永ファーム」へ行きました。

千葉県君津市の光永ファームはその日の朝に採った産みたて卵、ブランド「永光卵」を養鶏場に併設した販売所で販売しています。品質の良さと美味しさは、いつしか口コミでも広がり、その日のうちに完売するほどの人気ぶりです。この「永光卵」で食べる卵かけご飯は病みつきになります。

千葉県久留里の名水「平成の名水百選」を汲みに行きました。

千葉県で唯一「平成の名水百選」となった久留里の名水は、山林に降った雨が天然の地層を通る事でろ過され、さらに地下水脈を通って豊富な地下水となり、春夏秋冬、24時間、自噴井戸よりこんこんと湧き出ています。 この水を、君津市では水質検査にも力を入れており一般開放されている井戸より汲み取ることができます。今回は、この中でも近くに駐車場もあり汲み易い「久留里観光交流センター」の「水汲み広場」へ行きました。

房総半島(千葉)縦断、ペットとお出かけ日帰り旅行

東京湾アクアラインを通り房総半島を縦断し金谷港より「東京湾フェリー」で久里浜港へ、横浜横須賀道路を通り帰宅。日帰り一周のコースをペットと楽しんできました。 2ワン4人で、行程は、東京湾アクアラインから「久留里水汲み広場」「光永ファーム」「漁師料理たてやま」「わくわく広場」「木村ピーナッツ」「道の駅ちくら潮風大国」を廻り「白浜フラワーパークキャンプ場」を見学後、「東京湾フェリー」で久里浜港へ、ここから横浜横須賀道路を通り、自宅へ帰宅しました。日帰りの房総半島縦断、一日で盛り沢山の旅をしてきました。

白州、川遊びペットと日帰りお出かけスポット

山梨県北杜市にある白州町は、何と言っても水が綺麗で美味しいです。サントリー白州工場で南アルプスの天然水が作られているくらいです。道の駅はくしゅうで水汲みができます。近隣の自然には、尾白渓谷や尾白の森名水公園(べるが)、グルメは「白州手打ち蕎麦 くぼ田」や信玄餅の「台ケ原金精軒本店」などがあり、日帰り温泉の「尾白の湯」の他にも多くの温泉を有し、ペットの水遊びする場所も多く一度くると、この町の良さが分かり多くのリピータが訪れる場所です。

車中泊、ペットと一緒に群馬、新潟の旅-№5(最終日)

GW最終日となってしましました。北軽井沢「COCO」を出発し、自宅に帰るひです。渋滞を避けて、早めの出発です。GW後半のあっという間の4泊5日でした。車中泊は、自由に時間場所が決められ、予定の変更にも何も制約されず、宿泊代がかからないため費用も抑えられてメリットが多くとても楽しいです。一度、体験することをお勧めします。

車中泊、ペットと一緒に群馬、新潟の旅-№3(ドラゴンドラ編)

5月4日(祝)朝、「道の駅みつまた」朝起きたら小雨が少し降っていました。車外は寒く、ダウンジャケットが必要なくらいでした。天候の回復を願いつつ、苗場プリンスホテル「苗場高原」から出発する「ドラゴンドラ」に向かいます。ゴンドラで空中散歩の後は、「箱島湧水」で水汲みし、「道の駅あがつま峡」で車中泊をします。

スポンサーリンク
記事下